2016年08月01日

7/31 小豆島土砂災害40周年行事

 昭和49年と51年に小豆島を襲った集中豪雨。
 バケツをひっくり返したような土砂降りの雨は、わずか5日間で小豆島の年間降雨に達し、土砂災害により尊い生命が奪われました。
 
 今年で未曾有の大災害から40年を迎え、大きな節目に合わせた行事が31日、小豆島ふるさと村で開催されました。

IMG_2983.JPG

 この行事は、香川県をはじめ、その他防災関係機関が協力して開催し、当日は地域の消防団員や一般者など約1,000人が参加しました。

IMG_2988.JPG

 イベント広場では「土砂災害から身を守るために」と題した講演が行われ、講演者の栗原淳一氏(国土交通省水管理・国土保全局砂防部砂防計画課長)から、「香川県は土砂災害が発生しやすい地質条件を備えている」、「土砂災害の発生件数が少ないというデータに安堵しないように」と日頃の防災意識の高揚を訴えました。

IMG_3020.JPG

 グラウンドで行われた総合防災訓練では、土砂崩れや家屋倒壊などを想定し、陸上自衛隊や香川県警をはじめ、消防団員がけが人を救出し、竹仕様の簡易担架で搬送するなど、互いの動きを確認しました。

IMG_3091.JPG


IMG_3167.JPG

 約2時間強にわたる訓練は猛暑のなか行われ、額から大粒の汗を流しながら、けが人の安全第一にひとつひとつの救助活動に真剣な表情で取り組みました。

IMG_3259.JPG
posted by 土庄町 at 00:00| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする