2018年07月19日

土庄町地域おこし協力隊 稲子恵さんが卒業報告会

地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化が進む地域において、都市部からの人材を受け入れ、定住・定着の支援をしながら地域の活性化に貢献してもらう制度です。

_MG_8361.JPG

町では、平成27年度にこの制度を活用し、埼玉県出身の稲子恵さんに地域おこし協力隊の隊員を委嘱しました。3年という任期の中で、豊島の暮らしの魅力を伝え続けた稲子さん。平成30年7月31日で任期が満了し、町第1号の隊員を卒業します。

10p差し替え.JPG

inako.jpg

稲子さんは任期後も豊島に定住し、8月からはエコハウス&オーガニックカフェ「とのわ」を経営します。

IMG_0001.JPG

IMG_9944.JPG

7月18日には、豊島唐櫃の集会所で卒業報告会が行われ、豊島での3年間を振り返るとともに、地域おこし協力隊を通じて感じた豊島の魅力を話しました。

IMG_9932.JPG

稲子さんは、「協力隊で大切なのは、よそ者(=隊員)を受け入れる地域と町の連携です。豊島の皆さんは、何も知らない私を温かく受け入れてくれて、町も他の自治体の事例を参考にしながら一緒に考えてくれる体制があり、3年間がんばることができました。これからも、豊島の住民としてよろしくお願いします」と感謝を伝えました。

IMG_9935.JPG

参加者からは、「豊島に残ってくれてありがとう」、「地域の声を聞いて、すごくがんばってくれた。稲子さんの後輩ができたら、応援してあげたい」という声がありました。

町の第一号隊員として、定住という大きな成果を収めた稲子さん。これからも、大好きな豊島での暮らしは続いていきます。

IMG_9899.JPG
posted by 土庄町 at 00:00| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

7/1 土庄町でフィッシング大会が開催!

町が主催する初めての釣りイベント、「小豆島ファミリーフィッシング大会」が小豆島の西端・戸形地区で開催されました。

IMG_9338.JPG

穏やかな地中海気候に近い小豆島は入り組んだ入り江があり、年間通じて多くの魚があつまる豊かな漁場として地元をはじめ多くの方が釣りを楽しんでいます。

IMG_9312.JPG

IMG_9329.JPG

今大会は「釣り」を通じた島の魅力発信と家族の触れあいを楽しんでもらうために企画され、当日は島内外から約130名が参加し、「キス」や「ベラ」の長寸など4部門で競い合いました。

IMG_9380.JPG

IMG_9375.JPG

競技は朝7時から正午まで行われ、参加者は千軒から小瀬までの競技エリアで思う存分に投げ釣りを楽しみました。

IMG_9368.JPG

第一回大会の各部門優勝者は次のとおりです。おめでとうございます!

《キス部門・長寸》坂口 煌祐 さん(土庄町)23.1cm
《ベラ部門・長寸》唐渡 正博 さん(高松市)24.1cm
《キス部門・総重量》三浦 佑海 さん(土庄町)378.0g
《他魚部門・長寸》唐渡 祐汰 さん(高松市)スズキ・68.3cm

IMG_9450.JPG
posted by 土庄町 at 22:32| 香川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

土庄小学校が「子どもの読書活動優秀実践校」を受賞!

土庄小学校が、平成30年度「子どもの読書活動優秀実践校」の文部科学大臣表彰を受賞しました。

IMG_8882.JPG

同校の図書委員会は「全校生が図書室を楽しく利用し、本を好きになってもらおう」をテーマに、季節に応じた図書室の飾りつけや学年ごとの読み聞かせ、本を10冊読むと手作りの「しおり」をプレゼントするなどの取り組みを行っています。

また、年間通じて1番本を読んだクラス・個人に表彰状を贈るなど、継続した読書推進活動にも励んでいます。これらの活動が「子どもたちの積極的な読書活動」の模範になると称えられ、今回の受賞となりました。

IMG_8873.JPG

6月12日は三枝町長に受賞報告を行い、6年生の芳地さんは「私たち図書委員は、これからも活動を通じてたくさんの人と関わり、笑顔いっぱいの図書室にしていきたいです」と抱負を話しました。

IMG_8875.JPG
posted by 土庄町 at 00:00| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする