2017年12月11日

土庄町植物栽培システム研究所が開所しました

土庄町では、地方創生の新たな取り組みとして、健康・長寿の実現のため「食」と「農業」分野において注目されている「植物工場」の研究拠点施設を小瀬地区の柚に設け、12月10日、その開所式を執り行いました。

IMG_1515.JPG

植物工場は、気候変動に影響されず安定して高機能の農作物を提供できることから産業化が進んでいますが、運用コストや収益性に大きな課題を抱えています。

IMG_1474.JPG

今回の研究では、世界最高水準の研究開発機関である理化学研究所と連携し、温度などの施設内環境のコントロールと太陽光をはじめとした自然エネルギーを活用し、付加価値のある次世代農業技術の開発を目指します。

IMG_1559.JPG

開所式には国・県・研究機関など多くの関係者らが出席し、植物工場の今後の発展と新たな地域ブランドの確立に向けてのスタートを祝しました。

IMG_1461.JPG
posted by 土庄町 at 00:00| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

地域の誇りを背負って、いざ出走!

小豆島冬の風物詩、「第58回小豆島駅伝競走大会」が12月3日に開催され、全34チームが地域の誇りを背負って力走しました。

1.JPG

コースは土庄港周辺の交差点をスタートし、約19kmの島路を8名のランナーでタスキをつなぎ、ゴールの坂手港を目指します。
ピリッとした寒さと緊張のなか、朝8時30分にスタートの号砲!

IMG_4682.JPG

力走するランナーには沿道からの叱咤声援が後押しし、タスキが次のランナーにわたると「お疲れ、ナイスラン」などの温かい声がありました。

IMG_0624.jpg

IMG_0638.jpg

この大会は、ランナーの移動やコース上の安全確保、運営補助など多くのボランティアの絆によって小豆島駅伝の伝統が作られています。

IMG_0670.JPG

今年も多くの皆さんの力で、全チームがタスキをつなぎ見事ゴールしました。
総合順位は次のとおりです。

1位 苗羽A、2位 池田A、3位 安田A、4位 淵崎A、5位 四海A
6位 大鐸A、7位 池田B、8位 安田B、9位 草壁A、10位 坂手A

IMG_0702.JPG 
posted by 土庄町 at 00:00| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

秋路の小豆島を2,377名が出走!第38回 瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会

第38回瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会が11月26日に開催され、全国から2,377名のランナーが紅葉染まる小豆島の秋路を駆け抜けました。

IMG_9937.JPG

今回、ふるさと応援大使の「勝詩(かつし)」さんがゲストランナーとして参加し、開会式では「島の自然を楽しみながら笑顔で完走します」と力強く選手宣誓をしました。

IMG_6658.JPG

各沿道では地元婦人会や有志の皆さんによるお接待と「がんばれ、がんばれ」など温かい声援が送られ、完走を目指すランナーの背中を大きく後押ししていました。

IMG_7044.JPG

IMG_7092.JPG

今回は2,288名が見事に完走し、ゴールの役場前ではランナーの充実した笑顔があふれていました。

IMG_6838.JPG

IMG_6853.JPG

IMG_6890.JPG

多くの人が大会を支え、ランナーに勇気と感動を与えるこの大会。来年も皆さんのご参加を心からお待ちしています。

IMG_6802.JPG

IMG_6627.JPG

IMG_6929.JPG

posted by 土庄町 at 00:00| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする